Story

 
「英語が・・・」と思う要因はコレ?

 

あきらめないで!

 

まず最初に。長いですよ!

そして、前置きですが、語弊を招きたくないので、敢えて、このトピックでは、総じて「日本人」と言わせていただきます。

日本以外の国での「英語」に対するアプローチはわかりかねるので・・・。


いきなりですが、最近になって、日本でごく一般的な英語教育を受けた多くの日本人は、こと英語のコミュニケーションに関して言うと、

悲惨な遠回りを経ているのでは、と思うことが増えました。

私の周りにも実際に「英語ができればねぇ・・・」「英語が話せたらなぁ」という人は多くいます。

なんとなぁーーーくだけど、「英語やってればなぁ・・・」という機会に遭遇したりするから
そう思うのではないかとも思います。

逆に、「別に英語が無くても生きていけるけどなぁ」って人もいると思います。

東京に行く度に驚くのが、英会話スクールの数が以前よりもずいぶんと増えていることです。

それに比例して、英語が話せる人が倍増していてもおかしくないのに・・・

でもって、ホテル等でのサインのスペルミスや、「これはありえない!」という表現を用いた看板等を今でも多く見かけます。

英会話スクールや英語学校で習得した英語は、実際どこで使われているのだろうか・・・・?

日本人の「英語がなぁ・・・・」という呟きには、いろいろな要因があり、それこそ、挙げたらキリがありません。

 

が、

今回は、私なりに考えた、大きな要因を以下2点に分けて呟いてみたいと思います。

*日本における英語教育
*日本人・日本への配慮が過多


まずは、日本における英語教育です。

もう、入りからズレていると思うのです。
なんというか、、感覚を得る前に何か違うものが始まってしまったというか。。

でも、これは教育制度が既に英語圏の国と違うから、文科省がなんとかしない限り今更なんとも言えません(文科省の方、今一度研究と見直しを)。

 

と、随分と上から目線で失礼しました。


日本には、学校ごとに方法が異なっていても、一応、受験制度があるので、「数字」としての証拠が必要となります。

合理的ですし、手っ取り早いですからね。そうなると、文法や読解に重きを置くのは必然です。採点しやすいし。

ゆえに、幼い頃に英会話スクールに通っても、結局は中学・高校・大学で文法等を学び、英語を話す機会も文法を学ぶことに比べたら明らかに比率が低くなります。
そういうシステムだからです。

さて、英語のみならず、コミュニケーションにおいて用いられる、必要不可欠な5つの知識というのが存在します。

ご存知でしょうか?

Grammatical=文法的な知識(文を作る上での知識)
Textual=文章的な知識(文に用いられる機能的な知識)
Functional=目的に応じて用いられる言語の知識
Sociolinguistic=社会的・文化的背景に応じてに用いられる言語の知識
Strategical=コミュニケーションを円滑にやり取りをする方法の知識


以上の5つです。詳細はちょっと置いておくとして、これらの知識はコミュニケーションを行う上で、そして円滑にやり取りする際には欠かせません(英語のみならず)。


でも、この5つの知識をグラフにしたらば、日本の英語教育は以下のような図になります。(薄い赤線)

    

そう、何を隠そう、Sociolinguistic、Functional、Strategic の三つのバランスが著しく低いのです。

文法に関していうと、平均レベルは高いと思います。

ちょっと以下のやり取りと見てみましょうか。

 

A: Hey, so I heard you are leaving. 

(ねえ、辞めるんだって?)

B: Yeah, I am.  

(そうなんだ)

A: When is your last day? 

(最終出勤日はいつ?)

B: Next Friday. 

(来週の金曜日だよ)

A: That soon?  I totally didn't see that coming.  

(あんまり日がないじゃん。驚いたよ)

B: Well, I didn't tell anyone until it's official but I got offered a better position.

(うん、はっきりするまでは誰にも言わなかったからさ。

実はもっといい待遇の仕事をオファーされたんだよね)


ここには、上に述べた5つの知識がふんだんに含まれています。そのなかでもSociolinguistic と Strategic、Functional は頻度が高いです。

たとえば、"Hey" の一言でも、これは職場での同僚同士のやり取りなので、Sociolinguistic にあたりますし、"I totally didn't see that coming" も、

同じくイディオムなので(I am surprisedはこういうときにはあまり使われません)Sociolinguisticです。

一方、"That soon?" これはどの部類に入るかというと、コミュニケーションを円滑に進める為の相手への質問と捉えるなら、Strategic、

相手に対しての反応であるなら、Functional と言えます。


(お暇がありましたら、青の部分を5つの知識に仕分けてみてください(^^))

ちょっと深入りしてしまいましたが、、、、何が言いたかったかというと、バランスは大事だと思うのです。
「話す」コミュニケーションをとる時、いちいち文法を確かめることなんて、ほとんどありませんよね。

英語のネイティブスピーカーですら文法がごっちゃになる時もあります。

ご存知のとおり、日本人は大半の英語の授業を、文法を学ぶことに費やされます。

時にはリスニング、時には外国人の臨時講師が入って話すセッションも設けられますよね。

ただ、教科書では、このようにもっと砕けた英語は述べられません。もっと文法上正しい表現が掲載されます。
実際使われるかどうかは別として。

正しい文法知識を得ることは決して間違いではありません。
でも、文法を単元で学のではなく、コミュニケーションに基づいて学ぶことだってできると思うのです。

そして、実際の「機会」を設けたり「機会」をもっとリアルに想定したり。

例えば、中学あたりのカリキュラムで、特定の期間に『Be動詞』をやるのではなく、
『買い物』というようなテーマの中に意思疎通の一つの方法として 「探している品物について質問をする」という明確な目標の下、"looking for ---" に焦点を当て、 I am / You are / We are / He is / She is / They are looking for ---- というbe動詞が含まれたフレーズを用いて会話をする練習をする、とか。 実際クラスの外で使われる英語を習得する、とか。


もちろん、その基本フレーズを応用して "Do you carry ---?" というのを紹介することだって将来的に可能でしょう。
なにもアカデミックなことをする必要はないのでは、と思うのです。
さらにエッセイや論文を英語で書く、となったら専門的に教えてくれる機関で学ぶとか・・・・

って、アイディアはいくらでも言えるか・・・。

どちらかというと文法に力を入れすぎて、文法が先走っているのですよね。リアルな、活かされている英語が紹介されているのだろうか?と・・・。

そりゃぁー、物を書く際にはある程度の文法を必要とします。
そりゃぁー、何かを話す際にもある程度の文法を必要とします。
読む時だって、聞く時だってそうです。


でも、ある程度です。

他の知識も同じくらい必要なのです。むしろ発音だってえっらい重要です。
そもそも、英語は教科でなく、コミュニケーションにおける一つのツールなのですから。

でも私たちはそこまで日本の英語教育では教わりません。

そして、今でも
「文法が・・・・」「単語が・・・・」「話すスピードが早い・・・・」
という声が聞こえます。

でもね、このマインドでは、おそらく海外に留学しても結果は一緒です。
そうではなく「どうすればコミュニケーションができる?」
これに尽きるのでは、と思います。
日本での英語教育は、私になにかの役に立ったのか?と自分自身に聞いてみたことがあります。

少なくとも、文法を理解することに関しては役に立ちました。
でも、残念ながら、コミュニケーションについては何一つ学ばなかったです(結構昔の話ではありますが)。

でもって、文法がコミュニケーションにおいて応用したかといったら、それもありませんでした。

こう思うのは、私だけではないはずです。「機会を増やす」ことだけでも結構解決できるものだとも思います。
コミュニケーションは学校外で発生していますからね。


そして、二つ目。
日本人への配慮が多すぎて日本人が英語を上達できない。

これはなかなか深刻です。

英語を使う・触れる「機会」が無い故なのでしょうかね。
英語圏の文化やトレンドですら日本ではなんだかちょっと間接的すぎて、一捻りもふた捻りもあって、それが逆に不自然なのです。


欧米に対する妙な距離があって、それが「憧れ」に繋がっている現象。なんというか、日本独自の英語文化ができあがっているというか・・・。

誤解をして欲しくはないのですが、私は日本が大好きです。故に、日本の文化や歴史に胸を張っています。
ただし、英語に関する意識においてちょっと配慮しすぎるのでは、と思うのです。

例えば、映画のタイトル。

「訳」という枠を通り越したレベルのタイトルは多く見かけますが、びっくりしたエピソードがあります。

昔、『ミニミニ大作戦』という邦画のタイトルを目にしたことがあります。

タイトルを見て、個人的には見る気が失せていました。(すみません)


いやぁ、タイトルって大事なのです!

でも、出演者の名前を見ても、いまいちこの題名でなんのこっちゃ分からずにいたのです。

数年後、カナダでDVDのレンタルショップに行った際、以前日本で見かけたあの『ミニミニ大作戦』と同じパッケージのDVDを発見したのです。

そこには、『The Italian Job』 と記されてありました。原題と邦題のあまりのギャップに筆者はびっくりですよ。もちろん鑑賞しました。

『ミニミニ大作戦』にわざわざする必要があったの?!と、個人的には不思議でなりませんでした。。
いうなれば、私たちはある程度の英語単語や文法を学んでいるわけで、英語に多少触れているのです。

これが例えばアラビア語やギリシャ語だったら話は別です。
カタカナで『ザ・イタリアン・ジョブ』って書いたら、なんだかパッとしないから、
とかそういう理由なのでしょうか・・・?

英語圏のトレンドが日本に浸透していないから?訳をしないと「わからない」から?そんな発音「できないだろう」と思ってるから?

最近の映画で言うと、『Furious Seven』。この映画、内容的にも、Furious Seven 以外他のネーミングはありえません。

日本だけですよ、『ワイルドスピード スカイミッション』ってなってるの。
でもって、もーーーーっと最近の映画でいうと、Matt Damon主演の (原題)Martian。

Martianは火星の人(火星に住んでる人、Marsから来ている)っていう意味ですが、邦題は「オデッセイ」。これにも首を傾げてしまいました。

海外でオデッセイ(Odyssey) というタイトルで同じ映画を検索しても、出てきません。。

Martian(マーシャン)も比較的簡単なタイトルだと思われますし、日本語でも別に嫌な印象を与える単語ではないと思われますが・・・・・

英文字でなくてカタカナでないと英語が発音できないから?


おそらくね、映画の場合、興行収入やマーケティング等の様々な要素があってのことなのだと思うのですよ。
でもそれって、日本における日本人のトレンドでそう判断しているということですよね?
つまり、映画においても、英語圏の文化的な背景を日本に持ってくる際、日本人の英語の理解力に必要以上に過敏になっている?と思いたくなる節々が多いのです。


日本人の英語力を過小評価しているのかなぁ、と思うのです。そうだとしたら、とんでもないスパイラルです。

例えば、異常にカタカナが多かったり。これでは発音力ももっと遠のきます。

そんなに配慮する必要があるの?なんでもっと文化的なものを深く追求するよう促さないの?
個人的には、上にも述べたコミュニケーションにおける必要な5つの知識のうちの、Sociolinguistic と Strategic が

もっと充実していればおそらくこの配慮ももっと薄まると思うのです。

とはいえ、日本国内で英語を使う機会は探さないと無い、と言っても過言ではないと思います。

アメリカンスクールやインターナショナルスクールに通うってなったら別なのでしょうけど・・・。環境って大事です。

ネイティブスピーカーを授業の講師として招くのは本当にいいことだと思います。
本場の英語を肌で感じるいい機会です。頻度が増えればなお良し。

でもそのうち、日本人同士でも「英語を話す」という感覚に対して違和感を無くさないといけないのかなぁと思います。

でないと「機会」は遠のきますからね。

日本人同士の英語での会話の機会はすでに多くの場で生じています。
社内公用語が英語の企業、英会話学校、ちょっとした会など・・・自発的ではあるかもしれませんが、環境が設けられていることには変わりません。そして自発的であればあるほど実は効果的だったりすると思います。



実際、英語を話す外国人も、都市部には多くいても地方にはあまりいませんからね・・・。
 

「うまく話す」のではなく

「英語で意思疎通をする感覚を身につける」のが先です。


話すようになるのは、「感覚」を感じてからではないかと、思います。
なので、年齢は関係ないです。

幼いころから他国語を話すということは、あまり「感覚」というところに意識がないってだけです。

逆に、幼い頃に話せても、ちょっと話さない間があると、恐ろしいことに、あっという間に忘れていきます。

今の日本は(って、今に始まったことではないのだろうけど)、本気で英語でコミュニケーションを取りたい人にとっては、

相当なモチベーションがない限り、結構やりづらい環境になっているのでは、と思います。


日本に居ながら英語がペラペラになった級友がかつていましたが、彼女いわく、3歳からECC に通っていて、家でもお母さん(日本人)と英語で話していたそうです。お母さんがどのくらい英語が堪能なのかは不明ですが、その姿勢は感覚を身につけるのに大いに役立ったのではと思います。


・・・じゃぁどうする?

では、どうすれば「英語がねぇ・・・・」って言わないようになる?

解決法としては、とにかく自分へのハードルをまず下げてください。感覚はいまから身につけるのも遅くはありません。


あとは、毎日少しずつ、できることから練習することです。

音読、聞き流し、本の黙読、英語のニュース視聴、日記等・・・身の回りのものを英語の環境にすることも大きいインパクトを与えます。


「学校で英語を学んだのに」という自己へのプレッシャーはもちろん禁物です。なんのプラスにもなりません。

むしろ、「学校でしか学んでなかった」と思いましょう。
まだ機会があるのです。全ては学んでいません。これから英語を自分のものとして、習得していく余地があります。

「まだまだこれからもっと頭と身体に刻まれる」という意気込みの方が、色々と吸収できますよ。

違う方法で吸収する、ということを頭の片隅に止めておいてください。そして、「感覚」は、行動に移さないと得ることができません。

感覚を得る方法はひとそれぞれです。一つがだめたら別の方法を試す、それでもだめなら他の方法・・・

つねに自分にあった習得方法を模索してください。

コミュニケーションを取ることを心がけることはもちろん、英語のカルチャーや歴史を興味がある範囲・分野でいいからできるだけフィルター無しで見て、聞いて、読んで、感じ取るべきです。内容変われど、アプローチは全てに通づるものがあります。

って、本当に長くなってしまいましたが・・・・

もし、あなたか「英語がねぇ・・・・」って思っているとしたら、どうか、諦めないでください。

あなたにはまだ今からでも英語を習得できるチャンスがあり、新しく吸収できる方法もこれから模索できて、英語でコミュニケーションをする感覚だってこれから身につけようと思えば、できるのですから!


以前教えていた70代の生徒が、しばらくぶりに学校に顔を出してくれて、前よりももっと自信をもって言いたいことを英語で述べているのを見た時、英語はクラスなんかで得るのではなく、外で使ってこそなんぼだ、って痛感したことがあります。


その生徒は英語に体当たりで向き合ったのだと思います。

It doesn't matter how old you are or how late you start. 

There is always room for you to grow.
 

そして、最後までこんなつぶやきに付き合ってくれて、どうもありがとう。 

A5E.jpg

© 2016 by After Five English

  • Instagram Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon